20190118

また写真をやろうと思う。学校じゃないから自分のペースでゆっくりやる。何を目指しているのかわからないけど。やりたいことができるならとりあえずやろう。写真をやっていなかった間はスマホで動画を撮っていたけど、それを形にしたい。記憶の断片を思い起こさせるような感じで。

読んだ本のことを書きたいけど、ごちゃごちゃになる。本を読みっぱなしだと読んだことが身につかない気がする。せめて思い返して考えることはしたいと思う。集中できない。いろんな本をつまみ読みしてしまう。でも、「学生はいろんな科目があっていろんな本を読むからいいじゃないか」と思ったりする。ぼくは学生じゃないけど。落ち着きたい。じっくり考えたい。いや、ひとりで自分の内面に絡むことを考えるのはあまりよくないかもしれない。不安、焦り、虚無、無気力。いろんなものがぐるぐる回る。人とはこういうものなのか?もしそうなら仕方がない。付き合っていくしかない。

本を読んで何になるの?撮って何になるの?生きてて何になるの?

こういう感じになってしまう。落ち着きたい。何もしたくないとも思うし、何かしたいとも思う。やりたいことをやればいいんだけどごちゃごちゃする。あー

とりあえずゆっくり話したいです。

 

20190113

電車に乗る。優先席。座ろうとする人はあまりいない。公園を歩く。お堀の鯉を眺めていると、口を開けて集まって来る。人がえさをくれることを理解している。ぼくはやらないけど。文具店でペンケースを買う。少し深めの緑。いい色だ。日本製。広島県福山市。昔鞆の浦に行ったことがある。少しだけその時のことを思い出すことができる。電車に乗る。優先席。座ろうとする人はあまりいない。優先席はなくてもいいんじゃないかと思う。どこの席であろうと、その人の良心によって譲られればいいだけのことだと思う。

20190112

たまたまおもしろいものを見つけました。熱い人と冷静な人の約30分のやり取りです。しかし、松岡さんも冷静だと思います。

普段ウェザーニュースではなく、ヤフー天気を見ています。アプリが使いやすいので。すみません。


【Archive】松岡修造さんが天気を熱く語る/ノーカット・ウェザーニュースLiVE

 

20190111

1週間ぐらい気分がパッとしない。天気はよくて、おとといなんて雲ひとつない快晴だったのに。体調が悪いわけじゃない。悪いかもしれない。歩けるし、立っていられる。でも、しゃがみこんだり、寝転んだりしたい気分。焦燥感のようなものが血のように体中を巡り、体の軸がグラグラしているような感じ。でも、空いていない電車の中では立っている。人と距離を置きたい。至近距離に人がずっといる状態を避けたい。

さっき立ち読みをした本、いいことを書いてあるんだけど、あまりに宇宙だの愛だの書いてあって引いてしまった。本はあまり現実離れしていない小説で、たまたまいい言葉か何かが入って来ればいいな。自分から求めに行くんじゃなくて、向こうからやって来る感じ。自分から求めたり掴みに行ったりしないと、自分の得たいものは得られないのかもしれないけど。そんな気力はないな。そもそも本を読むのが少しきつい。

久しぶりに歌詞のある曲を聴いた。スピッツにした。草野さんの声を聴いていた。最近はクラシックばかり聴いていた。言葉がたくさん入って来るのが嫌だから。

先週は年末年始だったけど、遠い昔のようだ。家族とは過ごさないし、親戚にも会わないし、初詣には行かないし、初売りにも行かない。それでも外に出ると年末年始なんだと感じた。正月というのは新年の初めで特別なものなのかもしれないけど、1年の中のイベントのひとつにすぎないな。なんか味気ない。

20190107

寝坊した。目覚めたら乗る電車の時間だった。頭が痛い。フラつく。半分寝ている。2本後の電車は混んでいなかった。このぐらいの時間に出勤したいな。それだけで随分と気持ちが楽になるだろう。

昨日は気持ちが落ち込んでしまって仕方がなかった。希望のなさと、死の恐怖でいっぱいだった。それでもメールの返信はした。その時だけは生きていた。ちょっとしたことに支えられている。それを支えだと本気で思えなくなった時、終わるんだと思う。