落ち着け

お昼頃、部屋にいるのに耐えられなくなって出かけた。2週間前の日曜日も同じような感じになって、新幹線で名古屋まで行ってしまった。本当によくわからなかった。
行きたい場所はないけど、とにかくどこかへ行かなければ、という状態だった。海へ行こうか、人混みへ行こうか、その判断さえ電車を降りるギリギリまでできなかった。海は寒そうだし、余計に孤独を感じそうだからやめた。人混みだって、なんでこんなに人がいるのに、ぼくはひとりなんだ?っていう気持ちにはなるけど、今日は人混みにしてよかったみたいだ。書店に1時間程いた。最近は文字ばかりの本は受け付けない。絵本を立ち読みしていたら、泣いてしまった。うさぎの親子の話で、ぼくが子どもの頃を思い出して泣いてしまったんだろう。泣いたといっても、ちょっと泣いただけ。人がいるからね。本当はおもいっきり泣きたいんだろうな。
今は帰って来てから4時間ぐらいが経つ。やっと少し落ち着いたけど、ずっとどうやって死のうか、どうやって消えようか、ということばかり考えてしまってとても苦しかった。明日はバイトに行かなければならない。働いているうちに気分が楽になることがあるから行くけど、昼までが辛い。寝なければならないし、起きなければならない。本当は辞めたい。でも辞めたらまた引きこもりに戻ってしまう。本当の限界が来たら、ちゃんと休めるかな。明るくできなくてごめんなさい。

たからもののあなた (えほんのぼうけん 83)

たからもののあなた (えほんのぼうけん 83)