日記のようなもの

遅咲きです

グレート・ギャツビー

ノルウェイの森』にフィッツジェラルドがどうの、グレート・ギャツビーがどうの、と書いてあった。そんなにすごいのかと思った。書店で何回も見かけたけど、1年ぐらい買うことはなかった。

久しぶりの小説だからか、ぼくの頭が悪いからなのかわかんないけど、はじめの2章はほとんど話が入ってこなかった。ただ文字を読んでるだけだった。

その後は順調に読めた。割りとシンプルで読みやすかった。村上さんの訳がいいのだろう。

この本から何かを得たということはない。それでいいのだ。ただ読みたかっただけだから。

 

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)