荒々しい目覚め

軽く過呼吸になって目覚める。夢の中ではなく、本当になっていた。

ストーブを蹴り飛ばし、そのまま足でカーテンまで開ける。目覚める。

何年も会っていない父親との会話。少年野球の監督とチームメイト。寺の住職がカーディーラーの営業。知らない家族と女。実家がなくなり、跡地に寺。

夢は想像を超える。