生きる

心と体のアンバランスさとか、虚しさとか、果てしなさとか、頼りなさとか、いろいろあっても生きていくんですね。

それでも居直って、整えて、生きていくんですね。

潰されそうです。

すべてを破壊したい。

その力が外に向いたら何かを傷つけそうだし、内に向いたら自分を傷つけそうだ。

どっちを向いてもいいことはない。