サンライズ出雲に乗るために出かけた

サンライズ出雲に乗るために出かけた。わざわざ東京から乗った。シャワーを浴びたかったから。シャワーカードは横浜で売り切れとアナウンスされた。東京から乗って正解だった。列車の中で裸になることは新鮮な感じだった。股間の辺りが落ち着かなかった。これだけでも乗ってよかったと思える。

ぼくは乗り物でよく眠れない。でも個室で横になれば眠れるんじゃないかと思っていた。ダメだった。焼津辺りで横になって、眠れたのは岡崎辺りだったと思う。1時間半ぐらいかかった。その後も眠りが浅い状態だったと思う。まだ岐阜だ。まだ関ヶ原だ。そんなことを思っていた。朝は岡山到着20分前の放送で飛び起きた。寝不足だ。4時間ぐらいしか眠れなかった。深夜バスにやられた大泉洋のような気分だった。いろいろボヤいていた。

寝不足ではあったけど、乗ってよかった。お湯の出る時間を気にしながらのシャワーはゲームみたいだったし、夜明かりを消して眺める車窓にはワクワクした。伯備線は緑が多くて、目の保養になった。また乗る気になったら乗りたい。

f:id:seaeyeci:20180502183449j:image