日記のようなもの

遅咲きです

新潟にまた行きたいけど冬に行くのはどうなんだろう?

E4系Maxときに乗った。行きは1階。窓枠の下がホームと同じ高さなのがいい。越後湯沢近辺のトンネルでの揺れと音が今まで感じたことのないものだった。帰りは2階に乗ってそこまで感じなかったから、1階特有のものなのか?2階からの眺めはよかった。だいたい2列に1枚の窓になっているから、後ろの方の席にすれば視野が広くなる。E4系は置き換えが決まっているし、E2系も近いうちになくなるだろう。新幹線から大きな窓が消える。

夜新潟に着いて泊まって、翌日は歩いた。調子があまりよくなかったからそんなに歩くつもりはなかったけど、歩いた。駅から海の方へ向かった。始めは海へ行くつもりはなかったけど。信濃川、大きい。大きな川が街中にあるのはいいな。三越の辺りまで来て、駅より海が近いことを知る。帰り歩かないといけないのに、いやバスに乗ればいいんだけど、なぜか海まで歩くことにした。途中、金持ちばかり住んでいそうな場所があった。新潟大学の建物、防風林のような場所を抜けると海があった。程よく雲があって目を楽しませてくれた。たぶん佐渡が見えた。潮臭くなくてよかった。10分ぐらいいて、もういいかなって感じになった。海は悪くない。行きに気になったパン屋さんに入った。パンヤ オルタ。選べなくて5つも買ってしまった。魅力的。こじんまりとしていてかわいいお店だった。帰りの電車と家に帰ってからとでわけて食べた。偉い。

この日初めての食事は抹茶ソフトクリーム。まさかのソフトクリーム。新宿で見かけた時に気になったけど食べなかったやつだから。紀伊茶屋というお店。ソフトクリームを座ってゆっくり食べることができた。抹茶が濃かった。

ソフトクリームの後はカレー。順番が逆な気がするけど。万代バスセンターの薄暗い中で食べた。昭和な感じだった。ぼくは平成生まれだけど。古い感じなんだけど、きれいな案内所やスタバがあって不思議な場所だ。

珍しく食べ物のことが多くなった。たまたまいい物に出会った。新潟に行ってよかった。ちょうどいいタイミングで行ったんだと思う。