日記のようなもの

出口はどこですか?

出ていく

過呼吸になった。いよいよ限界である。ある程度防音性のある部屋に引っ越したい。そういう部屋は家賃が高いのだろうか?仕事を変えなければならない。今の仕事はそんなにストレスはない。しかし肉体労働で激しい運動並に汗をかくのでかなり消耗する。フルタイムで働くのは厳しい。ぼくはフルタイムで働いていない。親のすねかじりである。恥ずかしい。自分の存在が恥ずかしいと思って生きるのは辛い。過呼吸は過度なストレスにさらされるとなる。だからそういう状況を避ければ症状は出にくくなる。しかしそれだと生きていくことが難しくなる。新しい環境に飛び込むことが怖い。働かなければならない。あー

過呼吸になると溜まっていたものが出ていく感覚がある。でも全身が痺れて体が重くなって、気力が失われる。数時間の間死ぬことばかり考えていた。本当はまだ死にたくないはずだ。どうにかして強く生きていきたい。その気持ちは長く続かない。あー