11月12日

昨日の夜は絶望的な気持ちだった。過呼吸ではないけど呼吸が落ち着かなかった。3回目が覚めた。1時半、3時半、5時。昼すぎになって気持ちが落ち着いた。働いたら少し楽になった。ぼくは働きたくないわけではない。何かしたいとずっと思っている。最近の楽しみは、寝る前に吉田篤弘の『小さな男*静かな声』を読むこと。この本は何回か読むことになる予感がする。長野から金沢までの旧信越本線と旧北陸本線に乗りたいと思う。景色がよかった思い出がある。写真はない。ぼくは過去のものを時々すべて捨ててしまう。昔は6両編成の普通列車がよく走っていたけど、今は1〜3両編成が多いらしい。昔のようにゆったりと過ごすことはできないかもしれない。時々北陸に行きたいと思うけど、2回しか行ったことないな。今週は大阪へ行く。おしまい。