日記のようなもの

出口はどこですか?

20181223

やっと風邪が治った。たぶん大丈夫だと思う。もう部屋にばかりいるのは嫌だから出かけた。そこには4年ぶりに行った。その時も雨が止んだばかりか小雨で、ぼくは風邪気味だった。何を見たのかは覚えていないけど、行ったことは覚えている。今日は混んでいて落ち着かなかった。本当は平日に行きたかったけど仕方ない。あの味のある建物にはああいった繊細そうなものが合うと思う。常設されているものはちょっと尖っている。現代美術?っていうのはよくわからない。「テーマはこうです。なるほど。こんな感じです。??。」みたいな。じゃあ古典的なものはわかるのか?わからない。何もわからないし、たいしてわかろうともしない。それでも何か気になるものがあると、懲りずに見に出かける。ああ、紅葉がきれいだったな。駅からの道のりがよかったな。駅周辺の座って休める場所はどこも人でいっぱいなのに、改札内の待合所は人がまばらで、スタバまである。日曜日の東京にこんなところがあるのか!人が少ないところは落ち着く。ぼくはこれからも人が少ないところを探す。

f:id:seaeyeci:20181223231731j:image