20190111

1週間ぐらい気分がパッとしない。天気はよくて、おとといなんて雲ひとつない快晴だったのに。体調が悪いわけじゃない。悪いかもしれない。歩けるし、立っていられる。でも、しゃがみこんだり、寝転んだりしたい気分。焦燥感のようなものが血のように体中を巡り、体の軸がグラグラしているような感じ。でも、空いていない電車の中では立っている。人と距離を置きたい。至近距離に人がずっといる状態を避けたい。

さっき立ち読みをした本、いいことを書いてあるんだけど、あまりに宇宙だの愛だの書いてあって引いてしまった。本はあまり現実離れしていない小説で、たまたまいい言葉か何かが入って来ればいいな。自分から求めに行くんじゃなくて、向こうからやって来る感じ。自分から求めたり掴みに行ったりしないと、自分の得たいものは得られないのかもしれないけど。そんな気力はないな。そもそも本を読むのが少しきつい。

久しぶりに歌詞のある曲を聴いた。スピッツにした。草野さんの声を聴いていた。最近はクラシックばかり聴いていた。言葉がたくさん入って来るのが嫌だから。

先週は年末年始だったけど、遠い昔のようだ。家族とは過ごさないし、親戚にも会わないし、初詣には行かないし、初売りにも行かない。それでも外に出ると年末年始なんだと感じた。正月というのは新年の初めで特別なものなのかもしれないけど、1年の中のイベントのひとつにすぎないな。なんか味気ない。