日記のようなもの

遅咲きです

20190228

夜中に3回目が覚めた。1回目。中学の同級生の女子の顔が鮮明に浮かび上がってきて驚いた。2回目。ギトギトになったAV男優吉村卓に裸で追いかけられた。たまにこの人か似た人が夢に出てくる。3回目。よくわからないけど怖くなって起きた。

ぼくは完全な孤独になってしまうんじゃないか。全ての人に置いていかれるんじゃないか。ぼくのこの世での居場所は完全になくなってしまうんじゃないか。すごく心細くなった。慌てて「大丈夫大丈夫」って言い聞かせた。自分のいちばんの味方になれるのは自分なんだよな。その自分が恐ろしく頼りない。スピッツの『小さな生き物』が頭の中に流れた。負けないよ。まだあきらめちゃダメ。今関わりがある人、これから出会う人といい関係が築ける人はいるんだろうか。いるんだろうかじゃなくて、築けるかどうか。

特に用事はないけど、東京に泊まりに来た。空いてるからということで、シングルがデラックスになった。たまにこういうことがある。ツインがさらに広くなった感じ。シングルはベッドがダブルで、この部屋はベッドがシングルなので、ベッドはシングルの方がいい。ややこしい。でも、ふたつのひとりがけのソファに足を伸ばして寄りかかるのがいい。

こんな広い部屋なら誰かいたらいいのにな。フロントのお姉さん来てくれないかな(笑)村上春樹の『ダンスダンスダンス』を思い出す。主人公の部屋にフロントの女の子がスッと入ってくるんだよね。でもあのホテル怪奇現象が起きるからな。確か羊男が出るんだよね?羊男って『羊をめぐる冒険』に出てくるよね?羊男って鼠だよね?鼠って『風の歌を聴け』から出てくるじゃん。なんかよくわかんないね。おわり